保安管理業務における点検の未実施を考える

一般的な会社の管理体制

各エリアブロックごとに支部長を配置し、本社は支部長を監視する。
支部長は、部員を管理し、部員は支部長に報告する。

この形式だと、もし支部長や支部部員が故意に点検未実施を隠そうとした場合、本社はそれを発見することが非常に難しくなる。各支部の部員にまで目が届かないシステムになっている。

支部長を廃止して横一列に

一人ひとりに特別な権限は与えず、すべて本社の監視下に置き、1対1の関係にする。各エリア1人1人が本社の監視対象なので点検未実施等が発見しやすくなる。

メリット

1人1人の関係になることで、支部部員の能力、人柄、点検状況を把握しやすい。
支部長に特別な権限を与えないので、本社と支部長との対立が起こりにくい。

デメリット

今まで支部長に任せていた業務を本社が負担することになる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました