DGR-1000KDの特徴

試験機

1000KDは補助電源がAC100V出力しか無い。
5000KDはAC100V/DC24,48,110Vと切り替えることが出来る。

これは「スイッチング電源 24V(約1500円)」があれば代用可能。

1000KDと5000KDの電流出力の比較

DGR-5000KDの電流出力レンジと分解能
レンジ:30 / 300mA / 1 / 3 / 5A
分解能:0.01 / 0.1mA / 0.001 / 0.001 / 0.001A

DGR-1000KDの電流出力レンジと分解能
レンジ:1/2.5A
分解能:0.001/0.01A

DGR-1000KDではRPR試験が出来ない?

DGR-1000KDは電流レンジが1A/2.5Aしかない。
それゆえに微小な電流(10mA~100mA)を扱うRPR試験を行うことが出来ない。

以下はomron RPR「K2ZC-K2WR-NR」試験電流表。
RPR整定値が0.25%の時、0.0103A=10.3mA±5%だから、0.01mAの精度が必要。

SOUKOU公式のyoutubeページでも1000KDのRPR試験について紹介されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました