ポータブル発電機のエンジンが動かない場合、まずはスパークプラグの掃除

スパークプラグとは?

ガソリンと空気を混ぜた混合気に、火を点ける機能を持っている。

長期間、ポータブル発電機を使用すると、先端の火花を散らす電極が消耗したり、燃えカスの黒いすすが付いて、安定して火花を散らすことができなくなる。

故障かな?と思ったら、スパークプラグの掃除

今まで使用できていた発電機が突然使えなくなった場合、まずスパークプラグの清掃点検をするほうが良い。

ガソリンやエンジンオイルは交換する手間がかかるが、スパークプラグの清掃点検は、簡単に行うことができる。

スパークプラグの原理とは?

点火装置にて高電圧を作って、スパークプラグの中心電極と接地電極との間に高電圧を加え、電極間の絶縁を破り、そこに電流が流れる放電現象を起こし、電気火花を発生させる。

この火花エネルギーにより、混合気に着火・爆発を起こさせる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました