絶縁不良箇所を放置したらどうなる?

絶縁不良箇所を放置した場合の事故やトラブル

  • 絶縁不良箇所から漏れ電流が日常的に発生する。
  • 漏れ電流付近に埃や可燃物が付着することで発熱~着火する。
  • 漏れ電流が流れ発熱することでケーブルの絶縁不良がさらに進む。
  • 最終的にショートを発生させて急激な温度上昇を引き起こす可能性もある。

絶縁不良0.1MΩ以下と漏電ブレーカー30mA

0.1MΩ = 100kΩ
100V = 0.1kV
I = V/R = 0.1 / 100 = 0.001A = 1mA
1mAの漏洩電流が発見されれば絶縁不良と判定。

漏電ブレーカー(30mA設定)の場合
30mA以上の漏洩電流が流れた場合、回路を遮断する。
R = V/I = 100/0.03 = 10000/3 = 3333Ω = 3.3kΩ = 0.003MΩ

メガーで0.003MΩ以下の場合、漏れ電流が30mA以上流れている可能性あり。
下流に設置された漏電ブレーカーでトリップする可能性あり。

絶縁不良・漏電による火災事故

  • ELBが動作しなくても漏れ電流で火災になる事例もあるらしい。
  • ほこりによる漏電+可燃性の高いものがその近くにあった、とか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました