三相短絡接地器具をDS1次につけた状態でPASを投入した場合

【問題】
高圧受電設備の停電点検中、三相短絡接地器具をDS1次につけた状態でPASを投入してしまった。その場合、どのような事故が起こり、その後、どのような改修工事が必要になるか。

【予想】
これは、実際に事故例が紹介されていた。
その受電設備は、波及事故につながったようだ。

なぜ波及事故になってしまったのか?
波及事故になったということは、1分後の再閉路が不成功であったということ。
であれば、PASは開放されず、1分後の最閉路で地絡 or 短絡になった可能性がある。

考えられる理由としては、短絡接地器具により、
PASのSOG制御電源が無効化されていた可能性が高い。

仮に、SOG制御電源が電灯変圧器からだった場合、無効化されていた可能性が高い。
(でも、VT内蔵タイプのPASだった場合、制御電源はどうなるんだろう?)

【事故時の状況】
三相短絡接地器具によりSOGの制御電源が無効化された状態でPASが投入されると、
一瞬にして地絡 or 短絡になり、電力側の保護継電器が動作し、送電が停止する。
なので、受電設備側の高圧用電圧計はゼロ、検電器も反応しないはずである。

【事故後の対処】
PASを入れたにも関わらず、電圧計も検電器も無反応であった場合、
電力側の保護継電器が働いた可能性を疑い、早急にPASを開放させ、波及事故を防ぐ。

PASを開放した後、DS1次側の無電圧を確認し、短絡接地器具を取り外す。
そして、PAS2次~DS1次の高圧絶縁抵抗測定を行い、損傷を調べる。
もし絶縁抵抗に問題がなかった場合、少し様子を見て、PAS投入でいいのだろうか?

【事故の予防法】
1.復電する前に、一括での高圧絶縁抵抗測定を必ず行う。
2.PAS投入作業者は、持ち場に向かう前に、短絡接地器具が取り外されているか確認する。
3.PAS投入をする前に、電話にて「短絡接地器具は取り外されてますか?」と確認する。

キュービクル側を担当している人間の注意はもちろんなのだが、それ以外の持ち場の作業者が、どれだけ他に注意を払えるかも重要である。人間のやることなので、シングルチェックは必ずどこかで漏れが出る。なので、ダブル、トリプルをどれだけ重ねられるかで事故率が大幅に下ると思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました