仕事がないのに無理やり定時まで残そうとする電気工事会社

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電気工事会社で嫌だったこと

その日は、午前中に予定していた工事が終わり、昼過ぎ時点でもう仕事が終わってるのに、定時17時まで会社に残らせて倉庫内整理をさせられたことがある。ただ、すでに倉庫は整理されているので、特にやることが無い。

経営者は、特に仕事が無くても定時まで従業員を残して、何か仕事をさせようとする。

しかし、仕事は常に毎日平均してあるわけではなく、土日祝日にたくさん来ることもあるし、時には夜勤もあるし、サービス残業だってある。

だったら、仕事が早く終わった時くらいは早く家に帰らせて欲しい。

会社員に時間を与える選択肢はないのか?

電気工事会社に限らず会社員から1人親方に独立する人は「もっと儲けたいから」というよりも「仕事の時間を自分で調節したい」とか「もっと自分の時間を作りたい」という希望も多いのでは?

ようするに、会社員であるにも関わらず、仕事がない日は定時より早く帰らせて貰えたり、休みをしっかり与えてもらえれば、独立するより会社員でいることを望む人が増える気がする。

「収入を維持しながら休みを与える」ではなく「収入は低いけど休みも多いし自分の時間が作れる会社」の方が需要がある気がするけど、どうでしょう?

遅刻には厳しい、しかし残業には甘い会社

わずか10分の遅刻には厳しいくせに、1時間のサービス残業には甘い。むしろ定時で退社しようとすると「他のみんなは残業してるのにお前は定時で帰るつもりか!」という無言の圧力をかけてくる上司。

遅刻に厳しくするなら、残業にも厳しくするのが本来の筋。

新入社員がすぐ辞めるとお嘆きの電気工事会社の社長様へ

お心当たりは御座いませんでしょうか?ぜひご一読を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました