太陽光

太陽光

太陽光の使用前自己確認・使用前自主検査

この制度が導入された経緯 太陽電池発電設備を設置する人がたくさん増えた。しかし設置者の発電設備に対する知識や技術は様々である。 最近では突風や台風等による太陽光パネルの飛散が発生している。また近隣の家屋等の第三者への被害も多発...
太陽光

パワコンの電圧抑制・電力制御

太陽光パネルからの発電量が多くなると、パワコンの系統出力端子の電圧が上昇する。 電圧抑制とは?電気事業法で、系統電圧(引き込み点)は、202V±20V以内、101V±6V以内に保つよう定められている。系統への逆潮流を行うパワーコンデ...
太陽光

なぜパワコンには9.9kwと10kwがあるのか?その違いは?

■予想50kW未満の低圧太陽光にするため。パワコン5台で49.9 kWのシステムを構築するため。 ■50kW未満電気工事事業法では小出力発電設備にあたり「一般用電気工作物」に分類される。保安規定などの届け出が不要。第二種電気...
太陽光

パワコンの自立運転機能とは?

商用電源が停電したとき、自立運転モードに切り替えることで、自立専用の出力端子から電源を供給することができる。 ・自立運転機能付きのパワコンが必要。・自立専用の出力端子(非常用コンセント)が必要。 パワコンの「自動自立切り替え機...
太陽光

太陽光パネル絶縁抵抗測定専用レンジ付き「HIOKI IR4053」

従来の絶縁抵抗計で測定する場合 JEMA・JPEA共同作成「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」 【短絡しない測定方法】危険性は低い。回路の状態によっては発電中PVの影響を受ける。実際の絶縁抵抗状態とは違った測定結果になる...
太陽光

太陽光発電で接続箱がある場合とない場合の違い

※価格:約3万円~7万円くらいで幅がある。 接続箱がない場合 太陽光パネルからPVケーブルを伸ばしてPCSに直接繋ぐ。 メリット接続箱の設置が省略できる。工事費用が安く済む。 接続箱がある場合 ...
太陽光

太陽光発電と蓄電池で直流電気機器を使用

蓄電池に電気を貯めておく。電気器具はすべて直流専用のものを使用する。 一般家庭でもこうした方が災害対策になりそうな気がするが、難しいのか? 直流に対応している家電が市場にあまり無い。それ故に直流配電が普及しない。なので...
太陽光

50kW未満の小出力太陽光発電設備の自家消費方法

課題 50kW未満の小出力太陽光発電設備を自家消費で有効活用したい。どのような使用方法が考えられるか?ただし現在使用している需要家とは系統連係しない事とする。 活用案 井戸を掘って、地下水を汲み上げ貯める。 灌漑(...
太陽光

野立て太陽光(産業用)の問題点

処分も寄付もできない不要な土地 使う予定のない土地を持っている地主さん。土地には固定資産税がかかるので、できれば手放したい。 しかし、国や自治体へ寄付をしたくても受け取ってもらえず、誰でもいいから買ってくれるならということで、...
太陽光

太陽光発電設備とは?

■容量10kWを超える太陽光発電は、産業用太陽光発電と呼ばれ、住宅用太陽光発電とは区別される。50kWを超える発電設備は「高圧」という区分になる。 ■50kW未満の太陽光発電電気工事事業法では小出力発電設備にあたり、「一般用電気工作...
タイトルとURLをコピーしました