太陽光パネル絶縁抵抗測定専用レンジ付き「HIOKI IR4053」

従来の絶縁抵抗計で測定する場合

JEMA・JPEA共同作成
「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」

【短絡しない測定方法】
危険性は低い。
回路の状態によっては発電中PVの影響を受ける。
実際の絶縁抵抗状態とは違った測定結果になる可能性。

【短絡する測定方法】
測定回路を短絡する。
短絡開閉器を別途設置する必要がある。
アーク発生の危険性がある。
危険を回避する為に夜間の測定が推奨される。

HIOKI 絶縁抵抗計 IR4053

PV専用レンジが付いている。
PVの絶縁抵抗を昼間でも安全、正確に測定可能。
短絡しなくても正確、安全に測定できる。
太陽光パネルの影響を受けずに、正確な測定ができる。

※JIS規格の絶縁抵抗計の使用が義務付けられている場合は通常の絶縁抵抗機能を使う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました